So-net無料ブログ作成
お出かけ ブログトップ

次回は秋? [お出かけ]

冬用のコートを1枚持っただけで
気楽に三千メートル級の山の大自然を味わうことができるのも
陰で働く大勢の人たちのおかげと感謝しつつ帰路につきました。

帰りのバスは運転手さん自らアナウンス。
要所要所でスピードを緩めて解説してくださいました。

 餓鬼の他で有名な高原湿地帯・弥陀ヶ原
 20110513midagahara0001.JPG
 雪のない時は高山植物を楽しみながら散策できます。
 ここはまだ歩いたことがない所。
 いつか紅葉を見に来たいです。

 雪の壁に飛び出す生命力旺盛な木の枝を撮っていたら
 20110513tobidasu0001.JPG

 運転手さんが急に徐行して、
 お客さんの「あら~」「あぶない」とかいう声が聞こえて
 何事かと思ったら
 2011051tori0001.JPG
 バスの前に鳥が飛び出してきたのです。
 20110511tori10001.jpg
 名前は分かりません・・

 その次の徐行場所は「称名滝」
 滝見の場所にはお地蔵さんがいました。
 20110513jizou0001.JPG

 樹齢300年以上の立山杉
 20110513sugi0001.JPG

 ブナ林
 20110513bunabayasi0001.JPG
 下界に近づくにつれ青空が広がってきました。
 

 立山駅では人なつっこいツバメがお出迎え
 20110513tubame0001.JPG

 駅周辺の花
  20110513aoihana0001.JPG
 名前の分からない可愛い花。
 写真は撮れなかったけど駅前のお店の前にはスミレがたくさん咲いました。

 まだ蕾がたくさんあった椿
 20110513tubaki0001.jpg

 高速道路へ向かう道沿いの耕地整理してない田んぼに思わず歓声をあげ
 20110513tanbo0001.jpg
 コンクリートで固めてない用水に興奮していたら
 娘に「お母さん、こんなとこ、住みたい?」と言われ
 「う~ん・・・・無理やわ」と答えた。

 冬は雪深いだろうし、雪がない季節でも車を運転できないと文化に触れることができない。
 でも、この不規則な田んぼと石を積んだ用水はいつまでも残して欲しいと思う自分勝手な私でした。

 20110513tanbo20001.JPG
 立山町に別れを告げ
 20110513tanbo30001.JPG
 もうすぐインターというところで、
 草原に見たことのない鳥が降り立ち
 20110513tori20001.JPG
 タンポポの綿毛をしきりにつっついていました。
 20110511tori20001.jpg
 茶色に黄色い斑点が印象的でした。

 この高速道路の呉羽インターのシュークリームがとてもおいしいので、通るときは寄るのですが
 行きは時間に余裕がなく、「シュークリーム!」「だめ!」とパスされ
 帰りに「シュークリーム!」と娘に催促。
 久しぶりのご対面です。
 20110513oyatu0001.JPG
 安くておいしいので評判のシュークリームです。(コーヒーとセットで350円)
 最近は甘さ控えめがはやりで、少し物足りなく思うことが多いのだけど
 この生クリームとカスタードクリームは甘さも私好みで濃厚。
 大満足でした。
 

 

 
 


nice!(5)  コメント(7) 

銀世界 [お出かけ]

雪の大谷を歩いていると
 20110512simamoyou0001.JPG
 雪の壁にできる縞模様の解説が・・

 そして壁の一部が落書きOKとなってました。
  20110512rakugaki0001.jpg

 毎年降る雪にはうんざりさせられている雪国育ちの私でも
 季節外れの雪は楽しく懐かしいもの。
 大谷ウォークを充分楽しんでバスターミナルに帰ってくると
 20110512suki-ya-10001.JPG
 雪の上を歩く人影が見えてきました。

 20110512suki-ya-20001.JPG
 スキーをはいているみたいです。

 取材用のヘリかな?
 20110512heri0001.JPG
 救助用でなければいいけど・・

 ターミナルと隣接する施設を結ぶ雪の回廊
 20110512yukinokairou0001.JPG
 短い距離なのに息が上がって・・・
  鍛えなくては・・・・・・

 建物の横には雪の山
 20110512yuki0001.JPG
 
 スノボを楽しむ人も
  20110512sunobo0001.JPG

 ターミナルの屋上から富山平野を望む。
  20110512heiya0001.JPG
 海のように薄ぼんやりと見えるところが富山平野・・らしいです。

 先ほど見たスキーヤーですね。
 20110512suki-ya-30001.JPG
 滑ってくるところを撮りたいと思って待っていたけど
 リフトもない山を登って滑るのだから、いつになるか分からない。
 諦めました。
 ものすごく長い時間をかけて登って、滑り降りるのは一瞬なんだろうけど
 こういうところで滑るのは楽しいんでしょうね、きっと。
 20110512yama0001.JPG

 手軽に雪を楽しみたい人のために
 駐車場の片隅にソリコーナーが設けてあり
 20110512sori10001.JPG
 絶え間なく歓声があがってました。
 20110512sori20001.JPG
 雪のない中国語圏からのお客様達。

 

 次回は“帰り道”です。
 

 


nice!(3)  コメント(4) 

続・車窓から [お出かけ]

昨日載せ忘れた車窓の風景から・・
 

高原バスに乗り込むとき
別の客が「右と左だったらどっちが景色が良いですか」と尋ねたら
運転手さんの答えは
「すぐに雪の壁がバスと同じくらいの高さになるのでどちらとも言えません」でした。

 バスの中には優しい女性の声で左右の見所を伝えるアナウンスが流れています。
 20110510tateyamasugi0001.JPG
 富山県の樹木である立山杉です。
 これで二百年くらいのもの。
 一番長生きしているので千年くらいだそうです。

 落差日本一(350m)、称名滝の所では徐行してくれました。
 20110510taki0001.JPG

 徐々に雪の壁が高くなっていきます。
 201105104m0001.JPG
 除雪の目印となる棒を見るとこれで4mの高さだということがわかります。

 あ、人だ!   と思ったら
  20110510hitoda0001.JPG

 運転手さんの「到着で~す」の声
  20110510tuita0001.JPG
  もう着いたんだ・・
 あっという間の50分でした。

 雪の大谷ウォークを楽しんでいる人たちの多くがなぜかカメラをバスに向けています。
 なんだかスターになった気分
 20110510hisyatai0001.JPG
 後で私もやりました。
  雪の壁がいかに高いかを表すのにバスを入れて撮っているんですね。

室堂に着いてバスターミナルの中へ・・

 登山やスキー目当てのお客さんはごく一部でしょうね。
  20110511ootani0001.JPG

 お昼を過ぎていたので先ずは腹ごしらえ
 20110511teisyoku0001.jpg
 富山湾で捕れる白エビが大好きな娘は「白エビかき揚げ丼」
 私は天ぷら蕎麦。
 高い山までの運送料がプラスされて、4~5割増しのお値段でした。

 娘は職場へのお土産チェック
 20110511poteto0001.jpg
 気圧が低いのでパンパンにふくらんでます。
 20110511bakauke0001.JPG
 富山仕様の“ばかうけ”
 

エネルギーを補給していざ出発!

 
 壁の上に人がいる映像をニュースで見て、どうやって上るんだろうと思っていたのですが
 こちらから上がれるようになってました。
  20110511noboru0001.JPG

 20110511junp0001.JPG
 右側にずっと写真を撮っているカップルがいたのですが
 彼女は何回も何回も何回も、歓声を上げてジャンプしていました。
 中国語が聞こえてたから台湾の人でしょうか。

 2011051116m0001.JPG
 ポーズをとっているのは中国語をしゃべる人たち。
 雪をこんなに喜んでもらえてうれしかったです。

 
 まだ続きます。

 
 
 


nice!(3)  コメント(6) 
お出かけ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。