So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

モネの池 [日記]

毎年お盆の頃に「親孝行旅行」と称して私をどこかに連れて行ってくれる娘なのですが
足腰が弱くなってからは長距離移動がとても疲れるので、今年は日帰りを所望していました。

最近マスコミでモネの絵そっくりだと評判になっている「名もなき池」をぜひ自分の目で見たいと思って
それなら我が家から近いし日帰りで済むと思っていたら、
娘がそっち方面に行くなら自分の用事で名古屋まで足を延ばしたいと言うので
結局一泊となってしまいました。 

朝早くいけばきっと話題の場所でも空いているだろうと、朝5時半頃出発しました。
カーナビのおかげで迷うことなく目的地に着いたのは9時頃。
狭い駐車場はそろそろ混み始めていて、それでも目的の池まで歩いて数分を楽しむ余裕がありました。

道路脇から下の清流を見下ろし
 20160816seiryuu.jpg

 その清流で遊ぶ若者たちを見て
 「水は冷たいだろうに元気やね」とつぶやき
 20160816mizuasobi.jpg

 人が歩いて行く方向にある森を見て
 20160816mori.jpg
 「本当にここ?」

 

 森(林?)に沿って細い道を歩いて行くと・・・
 読みは甘かった!
 もうたくさんの見物客で幅約80mという池の周りは人で一杯!!!
 20160816hito.jpg
 (自分の事は棚に上げて)物好きな・・ご苦労様な(富山弁)

 池を覗くとあれ?週刊誌で見た写真と違うゾ。
 20160816kin.jpg
 透明感がない
 20160816ha-totosiro.jpg
 湧水だから水がとても透き通っている・・・・・はずなのになぜ?
 夏だからスイレンの葉が腐って濁ってしまったのでしょうか。
  

 週刊誌に「今年はプラチナ色のと、頭にハートのマークがある鯉が追加されたと載っていたので
 探していたら、プラチナはすぐに見つかって、しかもサービス精神旺盛なのか池を隅々まで泳いで
 くれたのですが、ハートマークのは池の底を突っついてばかりいてなかなか写真を撮らせてくれません。

 あまりにも週刊誌の写真と違うので少々ガッカリし、娘のカメラを覗いたら
 私の撮った写真と色調が全く違って見えます。
 「カメラマジックや!」と思わず声を揃えて叫んでしまいました。

 ここからは娘が撮った「美しく見える写真」です。

20160816musume1.jpg

20160816musume2.jpg

20160816musume3.jpg

20160816musume4.jpg

20160816musume6.jpg 

周囲の見物客たちが口々に「ハートの模様の」と言っていた鯉のベストショット
白いのと一緒に撮れたと娘が鼻高々の一枚。
20160816ha-to.jpg 

 最後に私が撮った「黄金の鯉」
 20160816kin2.jpg
 高齢の鯉なのか、私たちがいる間ずっとここから移動しませんでした。 


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

旅の終わりに [日記]

昨日は5時起きでまず墓参りに行って
20160815hinode.jpg

それから最近よく週刊誌などで有名になった岐阜関市の「モネの池」へ 。

その写真は後日載せるとして

旅の最後に娘が見たいと言いだして急きょ高速を降り、

山道をカーナビを頼りにたどり着いた先には
 20160815tanigawa.jpg
 清流が・・
 そして上を見上げると
 日本一高いという橋脚!!!
 20160815kyoukyaku.jpg
 詳しくは後程。。 


nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

きゅうりと肉の漬物 [手作りおかず]

漬物に魚が入っているのは見たことあるけど
肉の入ったのは初めてでした。

夏野菜の採れる今の時期、
近所や友人、そして娘の勤務先から頻繁に野菜の頂き物があります。

先月だったか娘が同僚から生のキュウリとキュウリの漬物をもらってきたのですが
その漬物には少量のお肉が入っていたのです。
見た瞬間、肉の脂が目に付いて、ウェ~!っと思ったのですが
食べて見たら脂はそれほど気にならずおいしかったので、
娘にレシピを聞いてきてと頼んだところ、後日きちんと印刷した詳しいレシピと共に
再び漬物ももらってきたのでした。


 ◇きゅうりと肉の漬物◇ (もらってきたレシピをそのまま)

 ◎材料 
  きゅうり   20本くらい
  牛肉(並み肉 細切れ) 200gくらい 
   (肉の下味として醤油、酒を適宜)
  ネギ    10cmほど
  ショウガ       1かけ
  ニンニク       1/2個
  ゴマ油         大さじ2
  ゴマ     適宜

 ◎調味料
  砂糖   大さじ3
  醤油   200cc
  酢    100cc   

 ◎準備
  ① キュウリは食べやすい大きさに切ってボウル等に入れる
  ②牛肉は酒と醤油で下味を付けておく
  ③ネギはみじん切り、ショウガは千切り、ニンニクは薄切りにする
  ④調味料は合わせておく

◎調理
  ①フライパンにゴマ油を入れ、最初にニンニクを炒める
  ②次にショウガを加えて少し焦げ目ができる位まで炒める
  ③下味を付けた牛肉とネギのみじん切りを加えて炒める。(肉にきちんと火を通す)
  ④合わせておいた調味料を加える
  ⑤切っておいたキュウリに上記を加え漬け込む
  ⑥ゴマを振り、軽く混ぜ合わせて冷蔵庫に入れ、一晩置く

 


我が家は二人家族なので上記のレシピ通りに作ったら大変なことになります。
なので、もらってきた細めのキュウリ6本と、牛肉がなかったので豚肉の切り落としを50g、
調味料その他はレシピの1/4程度に減らして作ってみたのがこれ。
   20160810kyuuri.jpg
   娘に感想を訊くと
   「うん、おいしい。ウチの味やね」
   合格点をもらえたようです。
 
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

お手上げ [日記]

朝から原因不明の停電で、花に水をやることしかできません。冷蔵庫の中身が心配です。

◇追記◇

私は朝、目覚ましが5時過ぎから鳴り始めたら何回か止めて、そのうちに
目が覚めたら真っ先にTVをつけ、NHKのニュースを見ながら伸びや腹筋運動をやり
体も完全に目覚めたところで布団から出るのを日課にしています。

今朝は私のより早く鳴る娘の目覚ましの音で目が覚め、
手探りでTVのリモコンを探してスイッチON!
あれ、つかない。
このリモコン、そろそろ電池切れかな・・
では録画機のリモコンでスイッチON!・・・つかない。
それなら、ケーブルTVのではどうだ!・・つかない。。。。。

いつもの目覚まし体操をすることも忘れ、テーブルタップを見ると節電スイッチの明りが消えてる。

そこで数日前に原因不明で突然ブレーカーが落ちたことを思い出し
見に行ってみると、ブレーカーは落ちていません。

我が家は相当古いので
いよいよガタがきたのか、停電がウチだけだったらどうしようと
店のドアをそ~っと開けて近所の様子を見ると
朝5時過ぎということもあって人影はなかったけれど
北陸電力の車が近くの路地にゆっくりと入って行くのが見えたので
これは広い範囲の停電に違いないと確信し、少し安心しました。

 

けれども朝の忙しい時間に電気が使えなかったら何もできません。
インターネットも電話もだめ。
使えるのは水道とガスだけ。
とりあえずお湯をわかしてレトルトカレーを温めようか。
あ、電子レンジが使えないから冷蔵庫にある冷飯を温めることができない!

そうこうしているうちに6時になり、突然電気快復!
最近はこんなに長い時間の停電はなかったので、心底生き返った気持ちになりました。

あとで北陸電力のHPを見たら
私の住む近辺280世帯で1時間半の停電があり、原因は調査中とのことでした。

 

 〇美味しいモノ〇

昨日新潟の妹からクール宅急便で送られてきた「茶豆」
枝豆は枝豆だろうと思っていましたが、すぐに茹でて食べてみたところ
味が濃くて甘い!
今まで食べたことのない「枝豆」でした。
枝豆は新鮮なうちに茹でないと味が落ちるので、家にある一番大きな鍋で全部茹で
その日のうちに食べる分以外はさやから豆を出して冷凍。
    20160804mame.jpg
これをタマネギとひき肉のカレーにたっぷりのコーンと共に入れると
    枝豆嫌いの娘も喜んで食べます。


昨夜仕事を終えて帰った娘、
   「職場の人からキュウリと漬物をもらった」と言いながら
   家に入ってきました。
   20160804tukemono.jpg 
枝豆とトマトが苦手な娘ですが、キュウリは大好物。
さっそくつまんで「おいしい」を連発していましたが
茶色く見えるものは「肉」?!

「肉入りの漬物」は見たことも聞いたこともないけど、とてもいいお味だったので
「職場の人に作り方聞いてきて」と娘に言い渡しました。

 


nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

何かがいる!? [日記]

先週金曜日
お客さんがなかったのでTVを見ていたら
「どかん」という音がしました。

聞き覚えのある音だけど、また?

実は我が家の前の斜め向かい側にある街灯には1、2年に一度車がぶつかるのです。
道路を北から南に向かって走る車が、バス停の手前にある街灯にドカン!

車道の端に歩行者のための白線が引いてあり、街灯はその白線の外側に立っているから
普通に考えたら車がぶつかるのは考えにくい場所。

1年に一度でもかなりの確率なのに
実は先月の10日頃にも軽自動車がぶつかって壊れ、修理が済んだばかりの街灯が
またもや被害に遭ってしまったのです。

先週末来店の50代の男性客にこの話をしたら
「そりゃあ、何かおるんやわ」
「大型バス以外は運転してたのは全部女性なんですよ~」
「そんなら怪物は男やね」

でしょうかねぇ。。

 


今朝カットに来た同業のMさん、
明日は立山に登るのだそうで、疲れて帰ってもすぐに食べられるようにカレーを作ったからと
二人分空き容器に入れて分けてくれました。

暑い夏は煮込み料理は極力避けている私。
カレーを食べたい時はレトルトで我慢しているので
一緒に持って来てくれたお姑さんの畑の野菜もうれしかったけど、何よりのプレゼントでした。

カットしながらの話題の中で
彼女の旦那さんがプランターで育てているブドウが虫にやられて全滅したと聞き
草ぼうぼうになって以来水やりもせずにほったらかしの我が庭の植物が少し気になり
彼女が帰ったあと、私の背丈ほどに伸びた草をかき分けて様子を見に出てみました。

 まず目に入ったのがお隣のトマト!
 余りの茂りように複数本あるのかと根元を見ても1本だけのようです。
  脇芽取りもせずに伸び放題の様子
  20160801tomato2.jpg
 去年私がプランターで1本だけ育てた中玉トマトの種が飛んで
 芽が出たのだとお隣のオジサンが言っていたのですが
 私の背丈より大きくなっていました。
 20160801tomato3.jpg
 ちゃんと実もなっています。

 ウチの別のプランターにも種が飛んだのか
 20160801tomato1.jpg
 支柱を立ててないのでグニャ~っと寝ております。

 そして巨峰は? 
 今のところ虫は付いていません
 20160801budou.jpg

 柿も無事
 20160801kaki.jpg

 イチジクも順調
 20160801itijiku.jpg

 もう少しして日が陰ったら雑草などを少し〝整理”しようかと・・
  


nice!(17)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

好奇心から [手作りおかず]

気になりつつも開けられないでいた手作り味噌の容器。

今日から当分30℃以上の日が続きそうなので思い切ってOPENしました!

表面の片隅に最初の頃発生していた白い物体(多分黴の一種)と同様のモノが少々。

ヘラで表面を1~2cmくらいこそげ取ったら市販の味噌と変わらぬ見栄えで大丈夫そうです。

ファスナー付き保存袋に移して計量してみると600gありました。

     20160727miso.jpg
     勇気を出してほんの少し舐めてみたら、
     少ししょっぱいけどおいしい米麹味噌に仕上がっていて大満足。

好奇心からダメ元で挑戦したので、多少減っても気にしません。
様子を見ながら少しづつ使ってみたいと思います。

 

好奇心からといえば
長い間台所の片隅で忘れられていたサツマイモ、
腐る前に気がついて食べたのですが、
切れ端から根っこがたくさん出ていたので、イモの部分を少し残して小皿に入れて
昔流行った「野菜の切れ端の水栽培」を楽しみました。
きれいな葉っぱをしばらく鑑賞しているうちに
茎がどんどん伸び始め、小皿一杯に根が張ってきたので
土に植えたらサツマイモができるんじゃないかと思って・・

  鉢に植えてみました。
  20160727satumaimo.jpg
  庭には出たくないので玄関の片隅に置いて毎日観察しています。    

 


nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

開けるのがこわい [手作りおかず]

私が子供だった頃、家族は8人くらいいたので
味噌の消費量はそれなりにたくさんあったのか、近くに住む「味噌づくり名人」と評判の老人が
1年に1度材料持参で来て、昔からある大きな瓶に仕込んでくれていたのです。

子供の目から見ると、そのおじいさんは味噌瓶に材料を入れただけで、後は何もせず
当時はどこが名人技なんだろうと不思議に思っていたものでした。

家族が少なくなり、味噌汁もそんなに飲まないので必然的に自宅での〝味噌仕込み”は消滅。

現在の我が家での味噌の消費といえば
1日に1回作るか作らないかの味噌汁、ごくたまに作る田楽、夏はキュウリの味噌漬けくらいなので
1kg入りの味噌を年に1回か2回買う程度です。

それくらい味噌の消費量が少ないのに、購買している新聞に付いてくる小冊子に
去年「味噌の作り方」が載っていたのを見て 何を思ったのか、 
家にたまたま材料がそろっていたのもあって、発作的に仕込んでしまいました。

地元の農協の直売所に毎年味噌が出来上がるのを待って買いに行った時期が
多分6月頃だったので、もうとっくに出来上がっているはずなのですが・・・

実は、仕込んでからしばらくたった頃
どんな様子か気になって、容器のふたをそ~っと開けてみたのですが
10月も終わりに近づいても気温が高い日が続いたからか
表面のところどころに〝白いモノ”が発生していてびっくり。
やっぱり素人が少量作ってもうまくいかないんだと諦めようとしたけど
ダメで元々という思いでその〝物体”をこそげ取り、焼酎を霧吹きで吹きかけてふたをし
台所の暗い場所に置いたのでした。

それからは時々プラスチックの容器の外から透かし見て
変色していないか確認する程度でしたが月日はあっと言う間に経ち、もうすぐ8月です。

味噌をいつ仕込んだのか覚えていなかったので、昨日過去の記事を探したら
10月18日に書いた「味噌仕込み」の記事を発見。

昨日娘に「味噌仕込んだが覚えとる?もうとっくにできとると思うがやけど・・」と言ったら
「一人で食べたらあかんよ。私が家におる時でないと」
「何で?一緒に食べたい?[揺れるハート]

答えは他に誰もいないときに食べてぶっ倒れたら困るから・・だそうです。

味噌の容器はまだ開けていないので
  先日食べておいしかったサラダの写真を。
  20160725sarada.jpg
  初めて買ったサラダホウレンソウ、薄切りキュウリ、レタス
  紫キャベツのマリネ、スモークサーモン
  ノンオイルのイタリアンドレッシングにマリネ液も加えて。
  マヨネーズは手作りです。
  サラダホウレンソウはクセが全くなく、さっぱりとして「
  とても食べやすかったです。

娘は生のトマトが苦手なので、サラダに入れるのはNG。
今の時期、完熟トマトをもらう事が多いので
娘がいない間に私はこのようにして心ゆくまで大好きなトマトを堪能します。
    20160725tomato.jpg 
    中玉完熟トマトを3個
    熱湯をかけて皮をむき、何もかけずにパクパク!
    夏の幸せ!!


nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

叔母甥の間柄 [日記]

前に載せた獅子舞のブログ記事を見て
新潟に住む妹から「よかったわ~」とメールが来たので
こちらには獅子舞の番組があるからダビングして送ろうかと言ったら
そんなめんどくさいことしなくてもYOUTUBEで見るからいいよという返事。
そんなもんなのかと私も見てみたら、さすが獅子舞王国富山、
今まで見たこともないような〝激しい獅子舞”の映像がたくさん載っていて驚きました。

最高に驚いたのは新湊東新町の「獅子殺し」。
「獅子殺し」とは「新築」や「新婚」など、お祝い事のある家に呼ばれて舞う特別な演目で
延々30分以上もかけて邪悪な獅子をやっつける獅子舞のこと。

私の住む町内には獅子がなかったし、そういうお祝い事のある家の祭りに呼ばる機会も
なかったので、今まで「獅子殺し」は客寄せのイベントで一回見ただけでした。

イベントの「それ」はショー化されていて、その時の感想は「迫力があって面白かった!」でしたが
動画サイトで見たそれは〝ショー”というよりも〝劇場で見るお芝居”に近いような・・

獅子やそれをやっつけようとする獅子どりや天狗の真に迫った演技に手に汗握り
息をつめて見入り、30分を長く感じないほどでした。

この新湊の獅子舞のすごいところは松明を使うところ。
獅子の足に松明を近づけ、獅子が「ぎゃああああ!」と叫ぶ声は演技とは思えないほどです。

興味のある方はぜひ動画サイトでごらんあれ!

ところで、めでたい家でなぜ獅子殺しをするのか・・
調べたら「獅子の中にいる邪悪なモノを追い出す」という意味があるようで
一種の「厄払い」なんでしょうね。

 

各地区の獅子舞を見ていると、獅子をやっつけるための武器(獅子あやしというらしい)は
多少形の違いはあるものの、ほとんど共通しているようです。

    なぎなた
    20160718naginata.jpg

    どう言えばいいのか・・房の付いた棒?
    20160718ponpon.jpg 

    扇子と弓
    20160718sensu.jpg

    毬(又は玉)ころがし
    20160718damasi.jpg
    手に毬を持って獅子をだまし寄せ
    近づいて来たところで後ろのなぎなたに持ち替える 

    これは?
    20160719taimatu.jpg
    写真を撮った時はわからなかったのですが
    新湊の獅子舞の動画を見た後ならわかります!
    「火」ですよね。
    本物の火は危険だから使わないのでしょう。
    新湊の松明はとても大きくて、見ていてやけどしないか、焦げないか、
    ドキドキ物でした。


獅子舞大好きな妹は
こちらみたいな獅子舞のない新潟に嫁に行って長い年月が経つのですが
先日、妹の高校時代の写真が20枚程封筒に入った状態で出てきました。
何かのついでに送ってあげようと思いながら
学校のいろんな行事で撮ったらしいスナップ写真をじっくりと見ていると・・

  これは運動会の応援合戦でしょうか
  20160718syasin.jpg
  見た瞬間、あれ?と思いました。
  姉の次男にそっくり!!
  私事ですが、妹も姉も見たいと言いますので。。

 


nice!(18)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

孫は美容師なのに [日記]

今日は私の休日。
いつもなら洗濯をしながら録画した海外ドラマを1、2本見るのですが、
することがたくさんあったので楽しみは後に取っておくことにして
早々にトイレ掃除に取り掛かりました。

もうすぐ終わるという時に玄関の引き戸がソロソロと開き
「カットしてもらえん?」と年配の女性が声をかけてきました。

玄関の戸につかまってやっと立ってるように見えるその女性の顔には見覚えがあり
すぐに中学の時の同級生K子さんのお母さんだと気づきました。

「一人で?」
「どうやって?」と立て続けに質問し
最初は「今日はとても忙しくて」と断ろうと思ったのだけど
炎天下を数km離れた自宅から自転車で来たと聞いたらやってあげるしかないと心を決め
店に招き入れました。

いつも行っている美容室は?と聞くと
店の前に自転車が2台あったので、私の事を思い出して来たのだと言う。 

「幾つになられました?」と訊くと10月で88歳になるそうで
石川県に嫁いだK子さん近況などを聞くうちに、K子さんの弟の娘が美容師をしていて、
職場が近いからという理由でそのお孫さんと同居しているのだとか。

同居するにあたって孫が生活しやすいように二階をフローリングにしてやったのに
家の事は何にもしないし、カットもしてくれない、
おまけに敷地を(農家なので広い)眺めて「ここに店をつくれば・・」とか言うのだとか。

何もしない孫の世話が大変だとこぼし、
その孫に美容室を出したいと暗にねだられているようなのに
K子さんのお母さんは何やら嬉しそうに見えるのは気のせいでしょうか。

私は「もう年だから、あっちが痛い、こっちが具合悪いとたまにはギブアップすれば?」とか
「美容室を一人でやるのはとても大変だから、美容師のお婿さんを見つけてきたら
 店を出してあげてもいいよと言ってみられ」とか助言してあげました。

頼りの息子は親と同居せず、嫁の実家との中間点に家を建てて週末だけ泊まりに来るけど
農地の世話は嫁の実家優先。
家事もカットもしてくれないけど、同居してくれる孫娘が可愛くて仕方がないというふうに感じました。


 

先日の獅子舞競演会でたくさんの写真を撮りましたが
その中から興味を引いた人物に焦点を当ててみました。

 町内に獅子がないとやりたくてもできない「獅子どり」です。
 左端の少年に注目。 
 20160706sisidori.jpg
 一心不乱に棒を振り回して〝真似”をしていました。


 「獅子どり」は子供がやるもので
 大人は面を被って「天狗」に扮します。
 でも・・・
 20160706tataku.jpg
 この人物は〝立派な大人”
 棒を振り回して獅子に当てるのですが
 子供と違って本気を出すので「バシッ」というものすごい音!
 見物客も「オオッ!」と歓声を上げ、大喜びでした。

 暑い中小さな女の子がずっと笛を吹き続けていました。
 20160706hue.jpg
 ふと腰のあたりを見るとコーラのボトル?!

 
 獅子方の交代時の手助けや目録の読み上げる人は、普通は黒いスーツ姿。
 着流し姿は初めて見たのですが、とても粋でかっこよく感じました。
 20160706kinagasi.jpg

 休憩中の天狗のお面
 20160706omen.jpg

 親子でしょうか。
 とても微笑ましい光景でした。
 20160706oyako.jpg

「獅子舞シリーズ」はまだ続きます。 

 


nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

I hope it will be sunny. [日記]

七夕祭り前夜
雨の止み間に七夕飾りを見て回りました。
20160704tanabata.jpg
期間中の週間予報を見るとずっと傘マーク。
せめて小雨ですみますように天に願いを・・

祭り初日の昨日
高岡市南部に位置する我が町の中心から数km離れた周辺部にあって
普段ほとんど見ることのできない地区の獅子舞が集まる「獅子舞競演会」が催され、
獅子舞好きが多い我が県だけあって、大勢のお客さんで賑わいました。

心配したお天気も朝の激しい雨は午後になって止み、
競演会が始まる頃には時折青空が見えるくらいでした。

 県西部に多いという百足獅子
 20160704mukade.jpg

 各地区にそれぞれ舞のパターン(獅子をやっつけるストーリー)が何種かあり
 久しぶりに見る獅子舞に、そして腹に響く太鼓に大興奮の私でした。
 20160704sisidori.jpg
 可愛い〝獅子どり”に心の中で「がんばれ!」と声援を送り

 大人の天狗が獅子に挑む場面ではその激しい戦いぶりにしびれっぱなし。
 20160704tengu.jpg
 獅子方の若い衆のカッコいい掛け声を録音したくて動画撮影したつもりだったのに
 操作を誤って全く撮影できていなかったのを後で知ってガックリ。
 3時間半も炎天下にいた疲れもドッと出たので
 詳しい「獅子舞リポート」は少し落ち着いてからにします。

 娘に「来年もあるから」と慰められましたが
 今回が初めての「獅子舞競演会」、来年もやってくれるかなあ。。。 

 

◇追加◇

最初のカメラが電池切れとなってしまったので、古いカメラを取りに戻り
そのカメラで撮った画像を今見ていたら、ある地区の獅子どりの中で特に
躍動感あふれてうまかった子(多分女の子)のがちゃんと写っていたので、
その雄姿を早く紹介したくて、その中の一枚を先に載せます。
 20160704sisidori2.jpg
 
  


nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -